漫才「避難訓練」

漫才 台本「避難訓練
 
A「どーもー。○○○と申します。よろしくお願い致します。がんばっていきまっしょか。」
B「コント 避難訓練
A「心配しないでください、漫才ですよ。なんで混乱させるんですか現場を。」
B「(アナウンス口調)『訓練、火災。訓練、火災。』」
A「続けるみたいです。」
B「『野球部の部室から、タバコの不始末により火災が発生しました。』」
A「疑惑が湧くわ!裏でタバコ吸ってるのかな?ってなるでしょ。」
B「『みなさんは急いでグラウンドに避難してください。あと、野球部は直ちに職員室に来なさい』」
A「疑惑が確信に…。」
B「(サイレン持つフリ)あーあー、あーあー」
A「外のグラウンドに出たみたいですね。」
B「こら野球部!遅いぞ!」
A「直ちに呼んだからだろ職員室に。後にすればいいのに。」
B「えー、今回避難訓練を行いましたが、みなさん非常にできが悪いです。」
A「厳しいんですよね先生はこういう時…。」
B「先生自身、静かになるまで5分24秒かかりました。」
A「なんで先生がうるさくしてるんだよ…。」
B「(生徒のほうを指す)こらそこ!うるさい!私語は慎む!」
A「他人には厳しい…。」
B「えー、校舎にはまだ、3年2組一同が取り残されています。」
A「大失敗じゃん、訓練として!全然ダメじゃん!」
B「彼らは進学クラスであり、勉強に集中したいという理由から、こういう行事にはいつも参加しません。」
A「それでいいの?」
B「(校舎に向かって)ふざけるな!避難訓練だぞ!勉強がそんなに大事なのか!!」
A「避難訓練で非難してる…。」
B「すみません。避難訓練で非難してしまいました。」
A「自分で言ってる…。」
B「腹いせとして、3年2組の教室には催涙弾を投げこんでいます。」
A「何してんですか!めちゃめちゃ妨害してるじゃないですか。」
B「えー今日は、消防署の方が来てくださっています。」
A「消防署の方がいる前で催涙弾を投げ込むなよ。印象が悪い…。」
B「今からお話をしてくださいます。みなさん、ちゃんと聞くように。(消防署の人に役チェンジ)えー、消防署の火車です。」
A「すごい消防署の人っぽい名前。」
B「先ほどはうるさくした挙句、先生に注意されてしまい申し訳ございませんでした。」
A「さっきのお前かよ!」
B「今日は近くの火災現場から脱げだしてここに来ました。」
A「大丈夫!?絶対そっち居てたほうがいいと思うんだけど!」
B「えー、みなさんはこれを訓練だと思って挑んでいましたが、甘い!いいですか!これは本番と同じです!」
A「すごい熱血な人だ」
B「現に取り残された生徒たちは今もなお苦しんでいる!」
A「それは催涙弾投げたからだと思うんだけど…。」
B「へらへらしない!遊びじゃないんだ!!いいか!これには人の生死が関わっているんだぞ!!!」
A「ほんとに熱のある人だなあ」
B「私も先ほど、上司から現場でそう言われてきました。」
A「お前は本物だろ!なんでへらへらしてんだよ、絶対ダメだからな!」
B「えー、それでは最後になりますが、」
A「めちゃめちゃ早い…。何も教わってない…。」
B「この場を一本締めで締めたいと思います。」
A「なんで!?あんまやらないよ学校でそういうの?」
B「それではお手を拝借。いよーっ!パパパン、パパパン、パパパンパン!よっ!パパパン、パパパン、パパパンパン!よっ!パパパン、パパパン、パパパンパン!ありがとうございました。」
A「一本締めじゃねえじゃん全然!なにがしたいんだよ。」
B「(先生に役戻る)えー、某所の方ありがとうございました。」
A「消防署ね。出所ちゃんとはっきりしてるから。」
B「キレイな一本締めでしたね。」
A「どこがだよ。知らないのかよ一本締め。」
B「消防署の方には、部屋にあたたかいお料理をご用意しましたので、よろしければどうぞ召し上がっていってください。」
A「なんの接待なんだよ、現場に戻れよさっさと!人の生死が関わってるんだぞ!!!」
B「えー、避難訓練は以上になりますが、」
A「めちゃめちゃ早いな訓練…。」
B「家に帰るまでが訓練です。」
A「聞いたことねーよそんなの。」
B「最後まで気を抜かないように。」                           
A「せめて教室に戻るまでとかにしません?」
B「あと野球部は終わった後、前に来るように。」
A「絶対吸ってるんだなあ。」
B「えーそれでは最後、この場を一本締めで締めたいと思います。」
A「もういいよ!さっきやったよそれ!時間の無駄なんだよ!」
B「それではお手を拝借。いよーっ!パン、パン、パパパンパン!パン!よっ!パパパン、パンパパパン!パン!よっ!パパパパパパパパパパパパン!ありがとうございました。」
A「知らないんだったらやるんじゃないよ!もう!さっきから全然できてないよ!」
B「え?」
A「せっかく学校の避難訓練が懐かしいからやろうって話だったのに。避難訓練全然そんなんじゃなかったよ?このままだとお客さんにも全然伝わらないから」
B「え、ごめん…。俺、一言も懐かしいからやろうって言ってないんだけど…。」
A「あ、ごめん…、コントのつもりだったんだよね?やめさせてもらいます。」
B「それでは最後、一本締めで!」
A「やらなくていいよ!いい加減にしろ。ありがとうございました。」